水虫は一般的に治りにくいと言われています。
ではなぜ治りにくいのでしょうか?
水虫の原因となる白癬菌という菌なのですが、これは医師でも見分ける事がとても困難なのだそうです。

水虫の原因と治療法

水虫かもしれない?と思って病院に行っても、水虫ではないと診断されたり、水虫ではないのに水虫だと診断される場合もあるのだそうです。

なぜ、このような事が起こるのでしょう。
皮膚に付いている菌が白癬菌かどうか調べるのに、病院で行われる1番確実な検査は、菌が付着している皮膚を顕微鏡で調べる方法です。

しかし、病院によってはこのような検査は行わず、目検のみで水虫である、水虫でない、などと判断してしまうところもあるようです。
その事により水虫に対する誤診が発生してしまうのです。

このような事を避けるために、水虫の検査は皮膚科でしてもらうのが1番オススメです。
しかし、内科にかかったついでにちょっと水虫かどうか診てもらおう、というような状況の時は、どうしても医師に専門知識があまり無い為に誤診につながってしまう場合が多くあるようです。

そして、医師でさえ水虫に対する診断は顕微鏡を使って行うのですから、素人判断で市販の薬を用いて水虫の治療をしようとするのはあまりオススメできません。
出来るだけ専門医に診てもらう事をオススメします。

しかし、皮膚科にかかっても、誤診される可能性もあります。
水虫か否か診断され、処方された薬を使っていても一向に回復の兆しが見られない場合はセカンドオピニオン的な感じとして他の皮膚科を受診してみるのもよいでしょう。

水虫ではないのに水虫の治療を続けていたり、水虫なのに水虫ではない治療を続けていたり・・・
それでは水虫が治りにくいと思うのも仕方がないかもしれません。

水虫で病院にかかる時はしっかり診てもらい、しっかりと治療をしたいものです。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

水虫の症状 治療法と薬:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://5.yumedia.net/mizumushi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。