手に感染する水虫の症状 手白癬




水虫が出来る場所としては足が1番イメージされがちですが、水虫は足だけでなく手にも出来てしまうのです。

手に水虫が感染してしまったものを「手白癬」(てはくせん)と呼びます。
手が水虫に感染すると「角化型」と呼ばれる角質が厚くなる症状が現れるものと、「小水疱型」と呼ばれる水ぶくれができてしまう症状が現れる事が多いようです。

ごくまれに指と指の間に出来る「趾間型」という水虫が発症する事もあるようです。
しかし、手の指は足の指と比べて蒸れたりする事も少なく、指がよく広がるので、このタイプの水虫はあまりできる事はないようです。

続きを読む

(C) 2010 水虫の症状 治療法と薬