水虫治療法 水虫薬の使用方法




水虫を治療する時、使用する薬の用法をしっかり守る事が大切です。

水虫治療の場合、根気強く毎日薬を塗り続ける事がとても大切で、治療への一番の近道だと言えるでしょう。

なぜなら、水虫の原因となる白癬菌(はくせんきん)はとての長生きをする菌だからです。
1度や2度水虫薬を患部に塗ったところで白癬菌を完全に消滅させる事はできないのです。

そしてしばらく薬を塗り続けていると症状が軽くなり、かゆみを感じなくなってきます。
でもそこで薬を使用する事をやめてしまってはいけません。
皮膚の角質の奥に潜んでいる白癬菌はまだその時点では根絶できていない可能性があるからです。
最低でも肌のターンオーバーが行われる一ヶ月間は薬を塗り続けるとよいでしょう。

続きを読む

(C) 2009 水虫の症状 治療法と薬