マイホーム 自己資金と公的融資

長い人生の中で一番大きな買い物といえば、マイホームではないでしょうか。
用意するべき自己資金も、住宅ローンの返済額もかなりの金額になりますね。

スポンサードリンク

住宅ローンは家電や自動車などの普段のローンと違い、返済期間がとても長く、20年30年は当たり前になります。
資金計画を怠ると、後で苦労することになりますので、入念な計画を立てることが重要になってきます。

ローンを組むにあたり、自己資金がどれだけあって住宅に使える金額は幾らなのか、改めて確認していきましょう。
自己資金が多ければ多いほど、ローン返済は有利になります。最低でも物件価格の20%は持っておきたいところです。
なぜなら、公的融資を選ぶと、融資限度額が物件価格の8割までだからです。
残りの2割は自力で用意しなくてはいけません。

自己資金の状態を確認したら、次はどこの融資を利用するかです。
融資を受ける人によって、融資可能なところは変わってきます。
利用できる融資がわかったら、その中からどれを利用するか、決めていかなくてはいけませんね。
「給料の振込みがこの銀行だから」という理由で決めると、後で後悔するかもしれません。

金融機関によって、行っているサービスも金利も様々です。
金利は借入金額の利子、つまり無駄なお金ですので、できれば少ないに越したことはありません。
しかし、きちんと調べておかないと、どこの融資会社が一番優位なのかわかりませんね。
借りてからでは取り返しがつきませんので、そうなる前に、下調べしておく必要があります。

現在、民間の金融機関のローンには「変動金利」「固定金利」といった種類があり、それぞれにメリットデメリットがあります。
商品もたくさん出ていますので、金利の低さだけで選ぶというのはなかなか難しいでしょう。
そこで、一番利用しやすく且つ返済額の変わらない固定金利融資を行っている「住宅金融公庫」に注目してみましょう。

公的融資には条件がありますが、その分、借入の際の諸費用が安くで抑えられるなどのメリットもあります。
8割が限度額ですので足りない分は他の金融機関から借りることになります。

金融機関で変動金利、金融公庫で固定金利、と使い分けている方も多くいます。
それぞれのいい所を、うまく利用して欲しいと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

有利な貯蓄 財形住宅融資,つみたてくん,住宅積立郵便貯金
マイホームを購入することは、まじめに働くサラリーマンとその家族にとって、夢ではな......
マイホームにおける優先順位と要望
マイホーム購入を考える場合、必ずついてくるものがあります。 それが営業マンの存在......
建売住宅マイホーム購入の検討
建売住宅の購入を考えるなら、ある程度知識を得てから見学にいったほうがいいでしょう......
マイホーム購入情報 間取りや相場
マイホームを購入しようと決めると、まずは情報を集めるところから入らなくてはいけま......
マイホーム間取りはライフスタイル
マイホーム購入に際して、考えなくてはいけないことはたくさんあります。 その中で間......
マイホームの買い時と自己資金
マイホームを購入しようとする方の前に立ちはだかる問題、それが資金に関することです......
マイホームは新築住宅か中古か
マイホームを購入する、というと新築住宅のイメージが強いのではないでしょうか。 確......
マイホームと営業マンの基礎知識
マイホームを購入するのは、自分達の力だけではうまくいきません。 そこにはやはり、......
マイホーム購入パートナー営業マン
マイホームは私たち一般人にとっては大きな夢であり、多額の資金を必要とする最大の買......
住宅展示会とモデルハウス
マイホームの購入を考えるようになると、普段は見過ごしていたようなハウスメーカーの......
戸建ての注意点 建ぺい率と容積率
マイホームの購入を考えている方の中で、土地だけはすでに所有しているという方もいる......
マイホーム購入と家族構成将来設計
マイホームを購入するにあたり、準備をしなくてはいけないことは山のようにあります。......

▲このページのトップへ